高いカバー力とUVカット効果が魅力の米肌CCクリームは、正しく使うことで、気になる日中のテカリやメイク崩れも防げます。

衛生的なポンプタイプのパッケージは、使い始めには中身が出にくいものです。

1度の使用量の目安は1プッシュ分ですが、使い始めには数回押す必要があるかもしれません。

また、ポンプ部分を軽く押すか、深く押すかによって、出る量が微妙に変わります。

米肌CCクリームは伸びが良いため、実際に使ってみると思ったよりも少量で足りるのが分かりますが、使い始めたばかりの頃には、どの押し加減で出る量が自分に合っているか分からないかもしれません。

使い続けるうちに、自分にピッタリの量と、その量を出すための押し加減を見つけられるでしょう。

米肌CCクリームの上手に使うためのコツは、手の甲に取り出すことです。

手の甲に取り出したCCクリームは、若干こんもりしています。

これを、中指と薬指の腹を使って、平らに伸ばして使います。

こうすることで、二本の指の腹で均一に取ることができ、キレイにムラなく顔に伸ばせます。

中指と薬指の腹の部分に付けたCCクリームを、ポンポンと両頬、額、あご、鼻の5か所にのせ、
その後、顔の内側から外側に向けて伸ばし、丁寧にたたき込みます。

米肌CCクリームを効果的に使うためには、単純に伸ばすだけでなく、たたき込むことが大切です。

このひと手間を加えることで、CCクリームが肌にピッタリ密着し、メイク崩れを防ぎます。

より密着感を高めるためには、仕上げにスポンジなどで押さえると効果的、特に、目元や小鼻周りなど、細かい部分はスポンジの角などを利用して押さえるとキレイに仕上がります。

また、シミやそばかすなどの気になる部分には、重ね付けするとしっかりカバーできます。

その際の注意点は、あくまでも少量ずつ重ねること、たっぷり付けてしまうと厚塗り感が出て、老けた印象を与えかねません。

様子を見ながら、ほんの少しずつ重ね付けすることで、素肌っぽい自然な肌に仕上がりになります。

パウダリーファンデーションとの併用も問題ありませんが、米肌CCクリームはファンデーションやフェイスパウダーの機能も兼ね備えています。

配合されているさらさらエアインパウダーの効果で、フェイスパウダーを使わなくてもサラサラ、皮脂吸着パウダーが、テカリやメイク崩れの原因となる皮脂や汗を吸着するため、気持ちの良い肌が長時間続きます。

ファンデーションを使わない場合も、洗顔時にはクレンジングを使用するのがおすすめ、健康で美しい肌をキープするために、素肌にCCクリームが残らないよう、丁寧に落としましょう。

以上が、米肌CCクリームの上手な使い方になります。

これ以外に注意が必要なのは、使い終わった後などの容器の処理や保管の方法です。

ポンプ周りにCCクリームが残ったまま放置すると、劣化の原因になるため、きちんと拭き取る習慣を付けましょう。

ただし、しっかりキレイにしようとポンプを外してしまうと、空気が入って、中身が出にくくなってしまいます。

埃などの不純物が入ることで、劣化する可能性もありますから、外側からティッシュなどで拭き取るだけで十分です。

保管する場合には、キャップ部分を下にして立てておくと、次に使うときにスムーズです。

スキンケアやCCクリームに限らず、正しく使わなければ、確かな効果を実感することはできません。

評判の良い米肌CCクリームなのに、間違った使い方をして、本当の魅力を知らないまま「言われているほど良くなかった」なんて切り捨ててしまってはもったいない、正しく使えば、日中のメイク直しの手間も減り、仕事にも集中できるようになります。

 

米肌をすこしでもお安く購入したい方はこちらが参考になります。

米肌を安く買いたい人にオススメサイト

 

関連記事

米肌CCクリームの口コミは?

米肌CCクリームの購入方法は?